教室主任ご挨拶

楠本 茂

血液・腫瘍内科学
教室主任

楠本 茂
Shigeru Kusumoto

 血液・腫瘍内科学教室の初代教室主任を拝命いたしました楠本茂(くすもとしげる)と申します。当教室は平成26年5月に誕生し、飯田真介教授のもと、血液・腫瘍内科学の発展のために、教室員一同力をあわせて精進しております。

私たちには、血液内科および腫瘍内科の診療・研究・教育を行う使命がありますが、特に力を入れておりますのは、以下の3点です。

より安全で、より確実な医療を実践できるチームづくり

第1に、より安全で、より確実な医療を実践できるチームづくりです。医学の発展・進歩は目覚ましいものがありますが、私たち血液・腫瘍内科領域においても同様であり、より良い医療を提供するには、常にグローバルに学び、アップデートされた知識を持つ姿勢が必要不可欠です。そのための若手医師、看護師を対象とした勉強会や多職種によるカンファレンスを定期的に開催しております。

当教室の強み

第2に、現在の医療では克服できない病気へのアプローチとして、基礎研究・臨床研究がありますが、当教室では両者ともに力を入れております。とくに悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の領域においてはトップレベルにあり、関連する診療ガイドラインの作成に貢献しております。

若手医師の教育

第3に、若手医師の教育です。血液内科は”内科の中の内科”と言われ、総合的な知識が要求される分野です。血液内科学の診療・研究から得たものは、腫瘍内科学というさらに広い分野に応用されることが多く、教育においても同様な考え方ができると自負しております。当教室は、患者さんにとって頼もしいと感じられる医師を育てるために、何が必要なのかを常に考えながら、医師教育を極めていきたいと考えております。

私たち、血液・腫瘍内科学教室に関心のある医学生、研修医の方がいらっしゃいましたら、ぜひ小生までご連絡下さいますようお願い申し上げます。

平成27年3月8日 記